ロータリークラブがわかるリンク集

関連サイト

ROTARY INTERNATIONAL

ロータリージャパン

国際ロータリー第2690地区 公式サイト

会員の方は、最近の活動の写真を以下よりダウンロードすることができます。

備前ロータリークラブ フォトアルバム

※写真はmy Picturetown (Nikon) で公開されています。ご不明な点がございましたら事務局までお問い合わせください。
(会員の方のみ)
HOME > 備前ロータリークラブについて:組織図・各委員会活動運営計画

組織図・各委員会活動運営計画

組織図

備前ロータリークラブは、下記の組織体制で活動しています。

理事会

委員会
Ⅰ.クラブ奉仕
Ⅱ.職業奉仕
Ⅲ.社会奉仕・奉仕プロジェクト
Ⅳ.国際奉仕
Ⅴ.青少年奉仕

ページトップへ▲


2017-2018年度 各委員会活動運営計画

Ⅰ. クラブ奉仕

[基本方針]
クラブ奉仕の目的は「クラブの機能を充実させるためにクラブ内で会員の取るべき行動に関わる」とあり、その目的達成のために各委員会の充実、会員相互の親睦、出席率向上が重要であると考える。
[活動計画]
  1. 本年度、中條会長の強い思いである海外への奉仕活動に協力する。
  2. 各委員長と協力し、楽しい例会運営に努める。
  3. 一人ひとりが個人として、地域社会の一員として奉仕の理念を実践できるよう働きかける。

出席

[基本方針]
一般にクラブとは会員が集まって楽しむところである。ロータリークラブも、会員が集まらなければ事が始まらない。 ご存知のように当クラブの出席率はクラブ内外から注目されるに至っているが、各自がモチベーションをわずかずつ上げることで、大きな改善をもたらして頂けると期待している。
[活動計画]
  1. 会員同志、「金曜日はロータリー」を合言葉に、気軽に声を掛け合う。
  2. 機会を設けて出席率の高い会員に、欠席回避の秘訣、工夫を教わる。
  3. 全員出席の日を設けて、長期欠席者の出席再開の機会にする。

親睦活動

[基本方針]
ご家族に感謝するクリスマス等例会を計画する。
クラブ会員の和を深める。
[活動計画]
ご家族にも喜んでいただける企画
納涼・クリスマス・家族例会で和を深める

プログラム活動

[基本方針]
会員一同楽しくロータリー活動の充実につながるような話題が提供出来るプログラム作りに取り組みます。
[活動計画]
  1. 会員の見識を深める機会となるプログラムを組みます。
  2. 地域の中で活躍されている方々のスピーチを通して話題性のあるプログラム製作に努めます。

姉妹クラブ

[基本方針]
今年で、出雲南ロータリークラブとの姉妹締結22年目を迎える。
今後さらなる交流を深め継続すべく努力したい。
そのためにも、我が備前ロータリークラブは、異業種、各年代層の会員を持ち、事業の責任のみに終わりがちであるが、再度創立理念と今後の活動を共有し会員の理解を深めていきたい。
[活動計画]
  • 姉妹クラブとの合同例会を開催する。
  • 姉妹締結クラブ創立理念と活動を再認識する為の勉強会を開く。
  • 合同例会準備委員会を開催する。

会員増強・退会防止

[基本方針]
会員増強は、クラブ存続の最大の使命であり、会員一人一人が率先して取り組んでいく行動である。
[活動計画]
会員増強に必要な最大限の情報や会員拡大に対して意識を向上するセミナーを行い、メンバー全員で会員拡大を行っていきます。

職業分類・会員選考

[基本方針]
増強委員会と連絡を密にし、又相互協力して、推薦された方がロータリアンにふさわしいかどうか慎重に審査して理事会に報告する。
[活動計画]
  1. 候補者の方が適人であるかどうか人格、評判などを審査検討して報告する。
  2. 増強委員会と協力の上で未充填の職業分類の充填を目指す。

ロータリー情報

[基本方針]
会長のクラブテーマ「奉仕の実践」に協力できるよう情報を提供し、活動への参加を呼びかける。
[活動計画]
  • クラブ広報・会報雑誌委員会への情報提供を行う
  • IM・地区大会などへの参加を呼びかける

クラブ広報・会報雑誌

[基本方針]
クラブテーマ「奉仕の実施」に沿い、備前ロータリークラブが取り組んでいる様々な奉仕プロジェクトや活動を地域の皆様に発信することでロータリークラブの存在感を高めたい。
[活動計画]
  • 雑誌、週報、ホームページを通じて広報する。
  • メディアに積極的に情報提供し、ロータリー活動の理解を深める。

Ⅱ. 職業奉仕

[基本方針]
ロータリアンとして「職業奉仕」に対する理解を深め、自らの職業を通じて奉仕を心掛け、実践してくこととする。
[活動計画]
  1. 職業は奉仕の一つの機会であることを自覚するために会員の個々の「職業奉仕」についてのスピーチを行う
  2. 各自の職業において「四つのテスト」が実践できているかどうかを判断するために職場訪問を行いメンバーより助言を受ける
  3. 毎月、第二例会日には「四つのテスト」斉唱する
  4. 「職業奉仕」を実践し地域社会に貢献した優秀なメンバーを表彰する

Ⅲ. 社会奉仕

[基本方針]
一年を通じて備前ロータリークラブが地域社会に対して
何が出来るか、何をしなければいけないかを考える。
[活動計画]
昨年度実施した植樹活動の継続
献血活動の考察と見直し
地域のボランティア団体との交流

地域発展・環境保全

[基本方針]
自然を愛し、少しでも地域発展につながるよう皆で心がけて取り組むよう努めます。
[活動計画]
  1. 閑谷学校周辺の清掃活動
  2. 備前片上駅前整備計画を継続し、美しい駅前作りに努める

高齢者福祉

[基本方針]
高齢社会が進む時代を安定し、充実した生活をおくるため、クラブテーマの奉仕の実践をする。
[活動計画]
  • 地域コミュニティの中に参加して、高齢者への奉仕を実践する。
  • 各種のボランティアへ参加して、会員各位奉仕の実践をする。

Ⅳ. 国際奉仕

[基本方針]
国際的な奉仕と海外RCの例会への参加
[活動計画]
フィリピン最貧困地区における人道的世界奉仕

ロータリー財団

[基本方針]
国際ロータリー財団の設立趣旨は、会員による博愛、慈善、教育という人道的という特質を持つ実質的且つ効果的なプログラムの承認と実行で、人々との交流を図り、友好関係を助長することを目的としている。当委員会も、地域の人々と心の交流を図る場を提供し、この活動を広めることを実践することとする。
[活動計画]
青少年奉仕活動の東備地区ボランテイアグループの活動内容レヴュー会を開催することを支援する。

米山記念奨学会

[基本方針]
(公財)ロータリー米山記念奨学会は、日本全国のロータリアンの寄付を財源として、奨学金を支給、支援する日本の民間最大の奨学基金団体です。
ロータリーの理想とする国際理解と、相互理解に努め、国際親善と交流を深めるために優秀な留学生を支援し、日本の国の理解と世界平和の創造と維持に、貢献する事を目的としています。会員にこの目的を理解して頂き、奨学金の寄付率向上に協力して頂くよう努めます。
[活動計画]
  1. 米山記念奨学会の活動と実績を広報し、一層の理解に努めます。
  2. 当クラブは創立以来12名の米山奨学生を受入れ、お世話をさせて頂いた実績があり、本年度は世話クラブとして、活動の再継続を希望しています。
  3. 継続的な支援を行うため、会員一人当たり5,000円以上の普通寄付と、有志の会員に特別寄付をお願いし、一人でも多くの会員が米山功労者になるよう努めます。
  4. 奨学生の受け入れた場合、カクンセラーと協力し国際親善と交流に努めます。

Ⅴ. 青少年奉仕

[基本方針]
青少年が地域社会に対して積極的に関心を持つように促し、共に活動することで、将来地域を支える人材に成長できる機会を提供する。
[活動計画]
ボラフェスBIZEN2018の開催(地区補助金事業)
  • 備前エリアでボランティア活動を行っている学生、市民団体、個人が一つの場所に集まり、活動を互いに情報交換したり、一般市民の皆さんに紹介するとともにボランティア団体と市民のコミュニケーション図る場としたい。
  • 平成31年度備前中学校に入学する新入生へ夜行タスキの贈呈(平成31年4月)

会場監督(S・A・A)

[基本方針]
例会場の風紀を守りつつ、例会や食事を楽しんでいただき出席率の向上に繋げていきたい。
[活動計画]
  • 明るく楽しい司会進行に務めて参ります。
  • 毎月の第一例会は、「おさふねサービスエリア」への会場移動を計画しています。
    第一例会では、ゆっくりと食事を楽しんで頂く為、早く到着した会員には12:15から食事をはじめていただきます。その後のお祝い行事をゆっくりと楽しめるよう、時間配分にも工夫をしたいと考えています。

クラブ財政

[基本方針]
理事会で承認された予算に基づいて資金の管理と適正な運用の処理を行います。
[活動計画]
  1. 会費その他の徴収については幹事の指示を受けて迅速に処理するとともに、各委員会の運営に協力します。
  2. 会計報告は、半期ごとに監査又理事会の承認を受けた後に中間報告及び決算報告を行います。

ページトップへ▲


備前ロータリークラブ事務局へのお問い合わせ

〒705-0022 岡山県備前市東片上230 備前商工会議所内  TEL&FAX:0869-64-0485  e-mail:info@bizen-rc.com