HOME > メンバーからのメッセージ
メンバーからのメッセージ
「備前ロータリークラブの魅力は?」「入って良かったことは?」メンバーからのメッセージの一部をご紹介します。


「友人を広く作れたこと。」

池本 敏朗 (1994年入会)

「例会はなごやかに話ができる場で、人の輪が広がっています。

人のために生きる、人に尽くす、ということを考えるようになりました。

奉仕の心をどう形にしていくか、宿題になっています。」

阪本 文雄 (2011年入会)

「20年前にこの地に参りましたが、それまで私にとって無縁の地であり、知り合いの方がほとんどありませんでした。

ロータリーには人間的に魅力のある方が多数おられ、そのような方と知り合いになったことが何よりのプラスで、私の財産となりました。」

駒澤 勝 (1995年入会)


「ロータリーでは業種を超えた付き合いができたこと。

奉仕の意味が理解できたこと。

若い会員の活動力に誘発され、若返りました。」

役重 典之 (2001年入会)

「素晴らしい仲間が集う場。
個性豊かな集団。

東備は一つ、という連帯が感じ取れます。

友人の輪が広がり、世の中の大切なつながり、絆が見えてくるような気がします。」

吉村 武司 (1998年入会)

「いろいろな職種の方々との出会いがあり、参考になると思います。

まだ入会したばかりで皆様方の性格は分かりませんが、トップの方々の行動力が魅力だと思います。」

雷門 喜助 (2011年入会)


「各分野で活躍する人々が協力して地元の活性化に貢献できること。

異なる業種の方々との交流を通して、
自分の視野を広げることができること。」

石原 伊知郎 (2010年入会)

「和気あいあいとして、だれでも温かく受け入れてくださる懐の大きさをいつも感じています。

世界の情勢について考える機会を与えられ、自分自身の考え方を見つめ直しています。」

福圓 良子 (2006年入会)

「入会当時を思い起こしてみると、人脈づくり (異業種、年齢層の違う方々との交流) の場として、知識や知恵を多く得ることができ、自分にとって有難かった。

苦難を乗り越えるための相談相手、喜びを分かち合う友人も、多く得ることができた。」

亀川 周明 (1981年入会)


「入会して満22年になる。入会当初 (46歳) は、社会的に信用を得ることができた。

現在では、我が人生の重要な部分を、ロータリーの活動が占めており、
多くの友人ができて満足している。」

藤原 一義 (1992年入会)

「私は一番年下なのですが、皆さん優しい方ばかりで、自然と溶け込める感じがしました。

備前ロータリークラブは、駅前の整備活動や学童支援などの地域ボランティアに積極的に取り組み、備前市になくてはならない団体だと思います。

私は今までボランティア活動の経験がありませんでしたが、ロータリーを通じて世の中に貢献していきたいと思いますし、皆さんからいろいろなお話を聞いて自分自身が成長していきたいと思います。」

岡本 達也 (2011年入会)

「クラブ内に派閥がなく、融和が取れており、例会に出席するのが楽しみです。

1週間のスケジュールがロータリーの例会を中心にできるようになりました。

いろいろな人と知り合うことができ、人からもロータリアンとして尊ばれるようになってきました。」

清水 猛 (1973年入会)


「さまざまな職業を持つ人々の集まりであり、その人々は地域の指導者であり、
経済界でも活躍している人たちです。

この東備地区に“うるおい”をもたらすことができるクラブであると思います。」

吉村 淳子 (2011年入会)

「異業種の方々が現在では60社以上となり、信頼できる人格者がたくさんおられ、相談もでき、心強く思っています。

仕事を通して会員同士の絆が強くなるのも魅力です。親睦活動などで会員の方々の家族愛を垣間見ることが、自分の良い勉強にもなります。」

小松 正和 (2007年入会)

まさか自分がロータリークラブに入るなんて、想像すらしていませんでした。

今も「こんな私でいいのかな」と躊躇する部分はありますが、皆さんに温かく迎えていただき、地元東備エリアや奉仕活動、仕事や人間関係のことなど多くを学べる機会をいただいたことに、たいへん感謝しています。

水原 晶代 (2011年入会)



ページトップへ▲

備前ロータリークラブ事務局へのお問い合わせ

〒705-0022 岡山県備前市東片上230 備前商工会議所内  TEL&FAX:0869-64-0485  e-mail:info@bizen-rc.com